乾燥肌を放置していると肌トラブルを招く

冬など乾燥する季節は、乾燥肌の人にとってつらい季節ですね。
でも、乾燥肌ってシミやニキビなどに比べるとどうしても目立たないので、放置しがちな人も多いようです。
しかし、そんな乾燥肌を放置していると、そのうちひどい肌トラブルを招いてしまうんです。
なぜかというと、乾燥肌というのは肌の水分量が足りない肌です。
水分量が足りない肌はどんな状態かというと、肌を保護しているバリア機能が弱まってしまっているのですね。
肌バリアが弱まると、雑菌に対する抵抗力、紫外線に対する抵抗力が弱まります。
そうなると、雑菌に負けてニキビができ、紫外線に負けてシミができてしまうという結果になります。
乾燥肌って、実はすべての肌トラブルの引き金になっていることが多いのです。
ですから、乾燥していると自覚がある方は、化粧水を美容液を使ってしっかり肌に浸透させ、乳液やオイルで蓋をして水分を閉じ込めるという基本ケアを丁寧に見直すようにした方がよいでしょう。